変化を遂げた補正下着

デニム

手頃な金額に

補正下着というと以前は高価な品が多く、気軽に購入出来るようなものではありませんでした。 理由としては補正力を高めるための生地や素材も今ほどに種類が多くなく、加工に手間がかかったという事があります。また販売方式が現在のように豊富ではなく、一部の店舗や訪問販売などが中心となっていました。そのため人件費が多くかかっていたという背景もあると考えられます。 現在では補正下着に使える生地や素材も豊富になり、手間のかからない加工方法が生まれています。またテレビ通販や雑誌、インターネット販売という具合に販売方法の種類が増え一度に多くの枚数を販売する事が可能となりました。それが人件費の削減につながり、全体的に低価格な補正下着が増えました。

我慢からリラックスへ

以前の補正下着のイメージは我慢がつきものでした。ある程度体を締め付けないと補正下着としての効果を得る事が出来なかったからです。その締め付け感が苦手だという人も多くいました。 しかし生地や素材の種類が増えた現在では商品の特徴も変化しました。締め付けを感じる事が少ないにも関わらず、しっかりと補正する事が出来るようになったのです。適度な伸縮を保ちつつ、理想のボディラインを実現してくれるものとして多くの人が愛用しています。 また開発・販売を行うメーカーも下着メーカーだけではなくなりました。スポーツメーカーや生地メーカー等も参入し、それぞれの技術を活かして商品化しています。着心地もますます良くなっているため、我慢というイメージは払拭されたと言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加